最適な債務整理方法を経験豊富な専門家がご提案します

広島で自己破産問題を解決するなら笹井司法書士事務所

破産とは・・・人生の再スタートです。マイナスの財産をなくす代わりに、プラスの財産も無くなるといったものです。ですが、多くの方が自己破産に対して誤解をし、デメリットばかり注目されますが、状況によっては非常に有効な債務整理の手段だと言えます。自己破産についてしっかりと理解し、判断しましょう。

  • 個人再生
  • 任意売却
  • 自己破産
  • 任意整理

住宅ローン返済で困っている方へ

債務整理をお考えの方へメッセージ

「広島の専門家による自己破産サポート」をご覧頂き有難うございます。

当ホームページを運営する「笹井司法書士事務所」はこれまで広島市を中心に広島県全域で、自己破産を中心に債務整理に関するご相談を多数頂いて参りました。

「自己破産」と一言で言っても、解決方法は人それぞれです。広島の地域の皆さまにとって最適な方法を、実績多数の専門家がご提案させていただきますので、安心してご相談下さい。

笹井司法書士事務所 司法書士 笹井貴宏 湯本儒代

借金問題相談事例

当事務所は一時的な債務整理ではなく「生活再建」をお手伝いします

_DSC9083自己破産や債務整理は借金整理ではありません。借金0や、過払い金を取り返すことが目的ではありません。借金が多額になってしまった原因、支出のほうが収入より多いことがもともとの問題です。
「収入 ≪ 支出」
この状態を解決しないと、本当に債務を整理したことにはなりません。

たとえ「自己破産手続き」や「小規模個人再生手続き」をしたとして、借金ゼロからのスタートでも、収入より支出が上回ればすぐにマイナスの状態になります。

「過払い金の回収」も、一時的には入金があるので生活再建できたかのように見えますが、時間が経てばマイナス状態になることは目に見えています。

つまり生活自体を収入の範囲内で支出をおさめられる様にしないと本当の意味の債務整理とならないのです。
「収入 ≫ 支出」
となることが本当の借金問題の解決です。当事務所はそのように考えております。

私達の事務所では家計の見直しから入ります

_DSC9130具体的には家計簿をつけて頂き、なんとなくわかっているような家計を客観的に見るようにします。すると削るべき支出と削られない支出、注意すべき支出等がわかってきます。

その1~2ヶ月で家計を把握してもらい、債務の状況を調査し、ゆっくりと方針を決めていきます。あせって、急いで方針を決めることはいたしません。数ヶ月であれば債権者も待ってもらえます。

また、借金の支払いは一時停止しますので、すこしずつでもお金がたまります。なにより依頼者の方の気持ちを一番に考えますので、その間色んなお話をし、依頼者の方にとってどの方法が一番適しているか、その方法で依頼者の方が納得するかを優先します。

_DSC9236この時間をかけた状況把握が一番大切だと私達の事務所は考えています。

状況把握せず任意整理で月々支払えそうな金額で安易に和解してしまうと、決着は早いのですが、ゆくゆく支払いに困ったり、破産を進めても依頼者の方の思いと異なったり、いつまでも後悔をし続けないといけないかもしれません。

広島の自己破産・債務整理のご相談は当事務所にお任せ下さい。

ご相談者様からの声

借金問題の無料相談受付中!

「広島の専門家による自己破産サポート(運営:笹井司法書士事務所)」の対応エリア

当サイトの対応エリアは、当事務所がある広島市中区、広島市南区、西区、東区、佐伯区、安佐南区、安佐北区など広島市全域、府中町、海田町、熊野町、坂町、大竹市、廿日市市、安芸太田町、北広島町、安芸高田市、東広島市、呉市、江田島市を中心に広島県全域をカバーしています。自己破産や債務整理のお悩みは、お気軽にご相談下さい。

自己破産に関するよくある誤解

_DSC9382自己破産は債務整理の方法としても非常に有効な方法の一つです。債務整理の専門家である司法書士も、債務整理の方法として自己破産をお勧めすることがよくあります。
しかしながら、自己破産に対する一般の方の認識は悪いイメージが先行している様で、さらには自己破産について間違った誤解をされているケースも非常に多く見受けられます。
以下に挙げるのは、皆様から寄せられる自己破産についての間違った認識の一部です。

・戸籍に載る

戸籍にも、住民票にも載ることはありません。ご安心ください。

・会社や学校、身内の人などに知られてしまう

知られることはありません。逆に他人の破産情報を知ることもできません。

・選挙権が無くなる

選挙権が無くなることはありません。

・家を借りられない

普通の生活が可能ですから、借りられます。

・旅行に行けない

手続が全て終われば旅行も可能です。

・キャッシュカードが持てない

ローンを組んだり、クレジットカードを持つことはできませんが、通帳やキャッシュカードは通常通り作ることができます。

・手紙が勝手に見られてしまう

管財事件にならなければ見られることもありません。

・就職活動が制限される

自己破産により再就職に不利なことはありません。自己破産情報を採用側が知っていることはほとんど無いからです。また、子どもや親が就職で不利益を受けることもありません。

その他の自己破産に関するQ&Aのページはこちらから

自己破産とは、簡単に説明すると借金が返せなくなり裁判所で返済などの全ての債務を免除してもらうことである。方法としては裁判所に「破産申し立て」を行い、「免責許可」が下りれば全ての借金をゼロにする手続きを行うことができる。裁判所が、責務者には支払い不可能と判断した場合のみ破産することができる。この判断は負債の額と収入、資産、など様々な角度から総合的に判断される。自己破産にはもちろんメリットとデメリットがある。メリットは、①自己破産によって全ての債務の支払いが免除される。②手続き開始後は給料差し押さえなどができなくなる。③ある程度であれば財産を手元に残すことができる。一方デメリットは、①借り入れが数年から十数年できなくなる。②住所氏名が「官報」に掲載される。③一部就職できない職業がある。自己破産は一見、借金がゼロになる点など、責務者にとって有利な方法かも知れないが、自己破産は最後の手段であると理解しなければならない。自己破産は借金を全く返済せずに解決してしまうので破産後の収支のバランスを崩してしまい、再び借金を背負ってしまうケースも少なくない。まずは収支の見直しをしっかりとし、極力返済することを心がける必要がある。それでも本当に困ったときの方法が自己破産である。
現在、日本の中国地方に位置する都道府県の1つで、瀬戸内海に面しているのが広島県である。日本の中でも比較的に降水量の多い地域として知られている。広島県の名前の由来は、1589年に毛利輝元がこの地に築いた城に広島城と名づけたことからいわれている。広島は観光地としても原爆ドームや厳島神社などで有名である。原爆ドームは、日本で原爆を落とされた長崎と2県だけの貴重な建物である。戦争の愚かさを忘れないためにも重要な役割を果たしている。広島に原爆が落とされたのは1945年8月6日で、原子爆弾が投下されたのは今も昔も日本だけである。そして広島に投下された3日後、長崎に原爆が投下され、その6日後に終戦となった。広島はこの壮絶な状況を乗り越え、現在は日本を支える都市まで成長した。広島といえば、先ほどもあげた、原爆ドームや厳島神社の他に、広島の球団「広島東洋カープ」が地元でとても人気がある。プロ野球でも珍しい市民の球団となっていて、その頑張っている姿勢から、広島だけでなく日本全国からカープを応援する人も多くなっている。広島には以上のような魅力がたくさんあり、広島に訪れたことがない人は、是非一度でも広島を訪れることをお勧めする。

PAGE TOP